2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
堀川通りの風に吹かれて
2008/06/30(Mon)
この春の旗揚げ以来、北海道から沖縄まで、多くの知人から励ましの便りを、頂いた。
皆それぞれ、持ち味に溢れ、手紙・電話・FAX・メールなど、様々である。
彼らの存在が、私にとって大きな力の後押しと、なっている。

今日の昼下がり、自転車でポスティングに出掛けた。
京都の昔ながらの街並みを抜けると、堀川通りにでた。
10軒ほどチラシをポストに入れた先で、70代の女性がひとり、家の前に立っていた。
私は自転車から降りて、彼女と挨拶を交わし、チラシを差し出した。

彼女は、チラシに眼を通した。(高齢だが、裸眼でもタイシタものである。
「何のチラシかいな?服用て書いてあるけど、クスリかいな?」
    
    「クスリじゃなくて、私らとお話されると、胸のあたりがスーッと,しますよって意味です。」

「なんや、6000円? こんなはらえんなぁ」

    「路上で話の場合は、タダです。今んところ。よろしくです。」と、言い立ち去ろうとしたら、
背中越しに、彼女が語り始めていた。私は振り向き、話を聞くことにした。

「私な、主人が亡くなってから、すっかり淋しゅうなってしもうてな」
「私もな、身体があちこち悪うなってな、すっかり痩せてしもうた。」
     
    (たしかに、痩せている。でも背筋は、まだまだ真っ直ぐである。)

そのあと、彼女は堰を切ったように、自分の家族の事に始まり、
通院先の、医者やクスリの不満やらなにやら、話し始めたのだ。
私といえば、切れ間のない彼女の話を、聞いているだけで、暫らくは、

    「うん、うん。 はい、はい。」だけで、精一杯だった。

「私な、やっぱりな淋しゅうなってな。」のあと、今度は孫たちの学校の問題やらなにやら。
今度は、私の話題も少しは、彼女の話に織り交ぜて、会話は続いたのだった。

「鹿児島の男にしては、あんさん、ようしゃべるなぁ。」

    (私は殆んど、聞くばっかりでいたのに、彼女には私は、おしゃべりになっていた。いやはや。)

彼女の腕時計の針が、目についたとき、事務所に戻る時間になっている事に、気づいた。
二人の会話は、50分に及んでいたのに、彼女も気づき、

「すまんなぁ、あんさん忙しいのに長い事話して。」と、彼女は言い、私に気遣った。

     (私は、少し焦りはじめた。しかし、気になる彼女の言葉があった。今、言わなければ!!)

     「お母さん、すみません。私の母でもないあなたに、
                    失礼ながら、"お母さん"と、呼ばさせてもらいます。」

彼女は、「いいですよ」の、笑顔で頷いた。

     「お母さんは、先立たれたご主人に、私のこと見守っていて下さいと、
      日々、拝んでいるって、言ってましたよね。」
     
     「ご主人の、姿は見えませんが、いつでも、お母さんの傍に、いらっしゃいますよ。」
     
     「私は、これまで大切な家族や友人たちを、何人も見送って来ましたが、
      彼らは、いつでも私の傍にいると、思っています。」

     「私の、辛い時も、うれしい時も、誰にも見られたくない恥ずかしい姿さえ、
      いつも彼らには、バレバレなんだと。」

彼女は、笑い出した。
     
     「こんなことを言うと、怖がる人もいますが、いつも私は、その中で生きています。」
  
     「淋しいと、思っているのは、お母さん自身が自分で、創っているだけ。だから、
      ご主人が、いつもお母さんの傍に、いらっしゃると思えば、淋しくは無いはず。」

彼女は、胸に当てた手を撫で下ろし、
「そやねぇ。あんさん、いい事いうし、感じええなぁ。」

私は、彼女のスッキリとした、笑顔を見た。

「あんさん、がんばりぃや。」の言葉に、私は
     
      「ありがとうございます。」と、一礼して堀川通りの、心地よい風の中に、自転車を走らせた。

      
      少年の頃、頭上の星空を見上げ、ひとりぼっちの淋しさと、怖さを感じた。

      今の私には、それらは一つも無い。

      なぜなら、私はいつも、これまでに出会った人たちを、感じているからである。  
 

      「孤独やさみしさを、癒してくれるのは、いつもお互いの存在なのだ。」            


追記  11月27日
この記事をアップしてから、暫くして気づいた事を、書かないままにしていた。

「淋しさ」「憎しみ」「罪悪感」・・・と言った感情は、すべて自分自身が作ったものだ。
自分の周りに起きている「現象」に、自分が勝手に反応して作り出したものが「感情」
作り出したのが、自分なのだから「壊す」ではなく、もとどおりの何もない状態にするのも
出来るってこと。「癒し」・・・では、「治し」にはなりえないのである。
「苦しみ」も・・・自分が作り出したものなのだから・・・・。
周りに居るものたちに出来ることは、・・・ただ「お手伝い」まで゛ある。


FC2ブログランキング参加中です。
下のロゴをクリックお願いします。
b_03.gif

にほんブログ村ランキング参加中
下のロゴをクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | ▲ top
コメント
-  -
一人でいるから寂しいんじゃない、孤独だから寂しいんじゃない、孤独感があるからそう感じるだけだ。感情はいつも不安定、それに終止符を打てるのは、素直な本当の自分の心、曲がった感情を直せるのは、真直ぐな自分の心。自分が自分を治していく。
2008/08/28 04:30  | URL | 1+4=正 #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。