2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
映画「コンタクト」を見た PARTー2
2008/06/26(Thu)
    前回のブログでの、書き足しである。

ドラムリン博士の爆死から数日後、エリーはスポンサーのトップから、
なんとマシーンがもう一つあることを知らされる。

今度は、エリーが乗る。
計画通りに、マシーンは作動した。
エリーは、ポッド(球体カプセル)に乗り、マシーンによる光の中へ。
ワームホールと呼ばれる、様々な時空間トンネルを、移動して行く間、
スピードや激しい振動からの恐怖と戦いながら、
「私は、大丈夫」と、管制塔に向けて言いつづける。
しかし、それまでよりも一段とスピードと振動の激しさは増し、
エリーの恐怖心は、極限へ。

委員会で、「私は、神を信じない。」と、言い切ったエリーが、
「たすけて、神様」と、言ったのだ。
次の瞬間、前方から飛び込んで来た人の姿は、エリーと同じ姿をしていた。
それは、一瞬の出来事だった。

    この事が、何を言いたいのかは、とても判りやすいシーンである。
    恐怖心は、エリーが作ったものだ。
    と、いうことは・・・
    その恐怖から、助けられる神がいるとしたら、
    それは、エリーしかありえないのだ。
    作るのも、無くすことが出来るのも、自分ってことである。
    
    私は、あの言葉を思い出す。
    30代の中頃から、不安や苦しみの時、
    自分に対して、「だいじょうぶ! 大丈夫!」と、言い続けた。
    そして、いつも大丈夫だった。
    
    もし、「大丈夫にならなかったよ」と、言う人に会ったなら、
    私は,言う。「大丈夫になるまで、言い続けましたか?」
    
    「大丈夫」のご利用は、計画的に。・・・である。


FC2ブログランキング参加中です。
下のロゴをクリックお願いします。
b_03.gif

にほんブログ村ランキング参加中
下のロゴをクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。