2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「告」・・・声溜めの淵から
2010/06/26(Sat)
2010年6月26日
ブログ記事を休止したのは、丁度一年前である。 「ただいま・・・である」

心の肥やしは、たっぷり溜まって「肥溜め」となった。
たっぷり溜まった未公開のブログ記事は、云わば私の「声溜め」である。

さて、「肥溜めブログ」を再開しよう。

私が存在している世界では、「まさか」の出来事が頻繁に起きている。
私は、読者の世界に事実存在している。つまり、読者の存在している世界とは、私、永山拓美が体験し続けている「まさか」の世界である。

私は、これまでのブログ記事をすべて私が体験した事実を基に書いて来た。
それは、今後も変えるつもりはない。

「事件」は、私の目の前で起きた。・・・そして、私はこの事件の関係者の一人である。

長谷氏一家に何が起き、逮捕・拘留・弁護士とのやり取り・すべての公判現場を直に目撃しているものである。私の記述には「憶測」はなく事実しかない。
幾つもの事実(データ)を結びつけ「吟味する」と、「推測」が導き出される。

以下、私の記述に関しては、如何なる方の如何なる疑問も「憶測」を解してでは無力である。私は、何時でも「現場主義」であり、私の体験(確認を含めて)を最重要視している。私にとって、私の体験したこと・私が感じたことだけは紛れもない「私の真実」である。

去る2008年11月1日、私の知人である長谷章宏・真由美夫妻は、私の目の前で京都五条署の任意出頭要請に対し素直に従い、当日警察署内にて逮捕された。

「京都市乳児死体遺棄事件」である。

この事件は、事件が起きたのではない。正しくは、国家権力の「ある意図」により「事件にされた・・・事件」であることだけは確かである。

すでに裁判は、一審・二審(控訴審)を終え、長谷夫妻と弁護側は最高裁に対し「上告」申請を済ませている。これは、検察・警察において捜査段階での「殺人」「児童虐待」が立証できない事実の判明により、罪状は「死体遺棄」「保護責任者遺棄致死」に変更され、審議されている事件である。

私は、法律についての専門家どころか、おそらく平均以下の遥か下の知識しか持ち合わせていない者である。私は、「無知」であるがゆえに法廷(現場)にて我が身を運ぶことから、この裁判の実態を知る事が出来たのである。

この事件と裁判には「異例」「おかしなこと」が、てんこ盛りである。私は、長谷夫妻の支援者としての立場に立ち、弁護士の方たちと共に弁護活動を続ける事から、警察・検察・裁判官・マスコミの実態を知る事になった。(詳細は、膨大のため後日の記載とするが、守秘義務に沿った記述となる)

この裁判は、事件発生直後にあれほど騒いだマスコミが、一審判決以降の法廷に誰一人として一度も姿を見せていないし、報道されていない。弁護士からの新聞紙面による誤報(宗教団体等の記述)を認めても、謝罪文ひとつ掲載していない(出来ない)。底には明らかに「ある意図」があり異常であることが判る。

よって、私からマスコミに対しコンタクトを執るつもりはない。

私は、この事件において全ての裁判法廷に足を運び、法廷という現場で何が起きたのかを見た者である。彼らが、現時点において私以上に語る事は不可能であり、正確に表現するならば、私以上に語る事が出来るのは、長谷夫妻である。

現在、長谷夫妻は保釈中である。一審・二審にて実刑判決が出されたのに、裁判所が「三回の保釈許可」を出すなど、異例中の異例である。

近日、長谷夫妻と支援者により「説明会」を開く。会場に、私が足を運ぶことは当然である。読者は、自分が思ったままに行動するだけである。

以下は、「説明会」の案内文です。既に一回目の大阪会場は終了。明日、東京・青山「こどもの城」にて、二回目の「説明会」を開きます。

【お知らせ】
この度、「長谷章宏・真由美夫妻を支援する会」という名称にて長谷章宏・真由美夫妻が上告審に向けて集中できる環境を整え支援する組織を発足致しました。現在、8名(会長1・副会長2・運営委員4・会計1)でありますが、更なる組織化を進めながら、同時並行で活動を開始致しました。(私は、運営委員の一人です)

その始めとして、同会主催にて「説明会」を開催することを決定しました。この「説明会」は、現在、保釈・裁判中の長谷章宏本人が、この事件の意味とカラクリについて、説明を行うものであります。

「説明会」の開催は、6月20日に大阪、6月27日に東京で行うことが既に決まっております。更に、日程的には未定ですが、開催地区として北海道、九州、中部を検討しております。大阪と東京の「説明会」については下記の通りとなります。

                   記

<1.大阪「説明会」>
・日時  6月20日(日)
・場所  新大阪丸ビル新館307号室 *本館とお間違えの無いようご注意下さい。
      〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-18-27
            TEL 06-6320-6000(代)
・定員  40名
・時間  受付開始 14時
・     開演    14時15分  終了19時(退去時間ですのでご協力下さい)
・料金  無料
・交通アクセス 新大阪駅東口から徒歩
        周辺地図は以下のURLをご参照下さい。
        http://www.japan-life.co.jp/jp/conference/map.html


<2.東京「説明会」>
・日時  6月27日(日)
・場所  こどもの城 901号室 
      〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-1
            TEL 03-3797-5677(代)
・定員  36名
・時間  受付開始 13時
・     開演    13時15分  終了17時(退去時間ですのでご協力下さい)
・料金  無料
・交通アクセス 渋谷駅から徒歩10分(東口/宮益坂側)
        都営バス渋谷駅(東口バスターミナル)から[渋88]新橋駅前行
        「青山学院前」下車すぐ。等
        周辺地図は以下のURLをご参照下さい。
        http://www.kodomono-shiro.jp/access/index.shtml

※注意事項(受付票の提出依頼)
  今回は長谷章宏・真由美が保釈中であり、上告審を控えている身であります。
裁判が進行中ということで、最大限に神経を使いながら説明を行う必要があります。
従って、「説明会」参加者には、そのプロフィールを明らかにして頂くことを求めます。
以上をご理解の上で参加ご希望の方は、A4サイズ白紙に、①郵便番号、②住所、
③氏名、④年齢、⑤性別、⑥職業、⑦電話番号(固定電話並びに携帯電話)を記載し、
白紙左上に顔写真を貼付したものを各自事前に作成して、当日受付にご提出下さい。

また、会場室内は飲食物の持ち込み、および、喫煙は不可です。


<お問い合わせ窓口>
  「長谷章宏・真由美夫妻を支援する会」事務局
         電話 06-6535-5386
         携帯 080-6549-3654(担当:木下)

                                       以上

FC2ブログランキング参加中です。
下のロゴをクリックお願いします。
b_03.gif

にほんブログ村ランキング参加中です。
こちらもクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | ▲ top
コメント
-  -
読ませていただきました。実に日本の裁判、国自体がおかしいことがわかりますね。完璧な法律や体制などはつくれはしないものだとは思いますが、それ以前につくろうと努力もしていないのですね。
しかし、到底この状況がこのままでは今後変わるとは思えません。
何より国民にこの現実をしってもらわなければなりませんね!!国は国民あっての国です!!国民全体が関心をもち、訴えていけば少しずつ変わるのかもしれません。
2010/07/16 09:05  | URL | 鈴木 #-[ 編集] ▲ top
-  -
鈴木さまへ

コメントありがとうございます。
私は、到底このまま・・・のところにいないのです。
私が、これまでの人生の中で、見てみぬ振りをしてきた「ツケ」を払う最期のチャンスだと感じているのです。
責任は、私にあり、またこの国のすべての人にあるのです。
北海道の旅先にて、松竹の創始者・永山武臣氏の邸宅跡に建つ映画館で、「インセプション」を観ました。
まさかですが、今、最も「現実を映像化」した作品です。たまたま入った映画館が、鈴木さんとご縁のある所。「たまたま」だらけの出来事の世界にいるわたしにとっては、すでに「必然」「あたりまえ」でしかない。

行動すれば、判ることである。
2010/07/31 21:46  | URL | 永山拓美 #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。